【全校生の皆さんへ】                    「 辛抱 」は 好きなことのために耐えること 

   

 皆さんを学校に迎えるのを先生たちは楽しみにして、教室を整えてきました。

 皆さんの「おうち学習」のサポートのために、先生たちは課題を作ったり、授業動画を作っています。

 皆さんの顔を思い浮かべながら・・・・・。でも、休校の延長が決定されました。

 私は皆さんのことを知って、今まで以上に猪名中を楽しく、みんなで学べる学校にしたいと思っています。もう少しの辛抱で、皆さんとの学校生活は開始できると思っています。皆さんも積極的な気持ちで「おうち生活」を送ってください。

 

 私は、我慢と辛抱の違いを次のように捉えています。

「我慢」は嫌なことを耐え忍ぶこと。そこには不満があり、不満はいつか爆発する。

「辛抱」は好きなことのために耐え忍ぶこと。そこには希望があり、希望はいつか実る。

 

 今は、辛抱のとき。おうちで勉強に、体力づくりに、手伝いに頑張ってください。「辛抱」できる人になってください。そして、「希望」を実らせましょう。

 

 1年生の皆さん、「小学生ではない、中学生になった自分」を意識していますか。

 2年生の皆さん、先輩となり、「頑張る自分」になっていますか。

 3年生の皆さん、過ぎた時間は戻りません。今、できることをやり進めていますか。 

 皆さん、自分の考えや勉強の心配、質問がわいてきたら、遠慮なく先生に聞いてください。電話でも、新しいeライブラリアドバンスのメッセージ機能(コミュニケーション機能)でもよいです。また、生活・学習相談日に来てくれてもよいです。皆さんの成長を支えるのが、私たち教員の役割ですから。

 

 「密閉」「密集」「密接」に気をつけてください。外だからと油断して、マスクをせず出かけていませんか。免疫力を高められるように食生活にも気を配ってくださいね。

 学校再開の日、友達や先生と元気に会えるように、今を過ごしてください。「辛抱」の時を経た皆さんに会えるのを楽しみにしています。

 

 

更新日:2020年05月01日 13:48:07